NCPC(フィリピン情報センター・ナゴヤ)のブログです。


by ncpc-blog

COP10の議会傍聴

運営委員の数名が、名古屋市熱田区で開催のCOP10にNGOオブザーバーとして参加しました。
10月27日のハイレベル会合の開会式や、各作業部会等に参加し、傍聴してきました。

開会式での管直人首相の挨拶。20億ドルの途上国資金援助を表明。
c0203027_22553318.jpg


作業部会(working group)の会議が行われた一部屋。
c0203027_22564780.jpg


日本の席。
c0203027_2257723.jpg


通路やロビーには、様々な資料が並べられています。
c0203027_22573988.jpg


小さな作業部会の部屋。
c0203027_2258324.jpg


インフォメーションセンター。たくさんのボランティアさんが活躍しておられました。
c0203027_22582185.jpg



今回、ブース出展から議会傍聴までの一連の経験を通し、NGOの存在感と、世界と私達は繋がっていることを実感することが出来ました。

特に、CBD市民ネットの活躍は大きく、上関原発建設の事実を含め、NGO・市民運動の声を日本政府を通して世界に届けることが出来たことは、驚きと共に希望を持たされました。

今回の経験を、今後のNCPCの活動に活かしていければと思います。
[PR]
# by ncpc-blog | 2010-10-31 22:54 | CBD/COP10
10/24(日)、COP10の会場側で行われている生物多様性交流フェアにて、ブースを出展しました。
c0203027_1818114.jpg


このようなパネルを作成し、生物多様性喪失は南北問題であることを広く知ってもらうことを目的として来客の対応をしました。
雨が降りそうな中、小学生からお年寄りまでが興味を持って訪れて下さいました。
c0203027_1818203.jpg

[PR]
# by ncpc-blog | 2010-10-25 18:28 | イベント

COP10にブース出展

10月12日〜29日に名古屋で行われている生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)に、ブース出展をします。どうぞ、お越し下さい。

●場所:生物多様性交流フェア会場内
    生物多様性条約市民ネットワークブース(ブースNo.【49】)
     →パンフレット・会場内地図
     
●NCPCの出展日:10月24日(日)


ブース(NCPCのパネルが常設されています)
c0203027_14154876.jpg


他のNGOの出展日はこちら。
[PR]
# by ncpc-blog | 2010-10-13 10:06 | イベント
2010年のフィリピンスタディーツアーは、8月29日、参加者全員が帰国し、無事終了しました。
詳細な報告は、追ってお伝え致します。
[PR]
# by ncpc-blog | 2010-08-30 09:59 | スタディーツアー
フィリピンスタディーツアー

★期間 :2010年8月20日(金) ~ 8月29日(日)


 6年ぶりの大統領選と総選挙。大統領はじめ新しい政治指導者は今後6年間のフィリピン政治をどこへ導くのでしょう。国内に安定した雇用を生み出し、人々が海外で働かなくても暮らせるよう経済を立て直すこと。軍や警察による市民社会に対する圧力を排除し、自由な政治空間と言論空間を保障すること。この二つがフィリピン政治の喫緊の課題といえます。
 日本は多額の援助で経済の発展を後押ししてきました。しかし、現状をみると、果たして効果があったのか、疑問を抱かざるを得ません。セブ島の埋立地は、強制立ち退きと沿岸の環境破壊と引き換えにつくられました。ボホール島の灌漑ダムは十分な水を供給できず、作物を作れない農民が困窮化しています。
 なぜ日本の援助はうまくいかないのでしょう。人々は援助をどう見ているのでしょう。現場に立って人々の声を聞き、いっしょに考えてみましょう。


★日程 : 
8月20日【午前】 中部国際空港発
     【午後】 ニノイ・アキノ国際空港着
           フィリピンの一般状況についての学習会 
  21日【午前】 メトロマニラ地区訪問(フィリピン文化センター、
          イントラムロス、サンチャゴ要塞その他)
     【午後】 ナボタス漁港、トンド地区など訪問、住民との交流
  22日【終日】 フィリピンのNGOなど訪問、その他
  23日【午前】 マニラからセブ島へ

《 23日~27日 セブ島、ボホール島のツアー 》

  27日【午後】 セブ島からマニラへ
  28日【終日】 自由行動(希望によりツアーをアレンジします)
       夜、交流会
  29日【午後】 ニノイ・アキノ国際空港発
     【夕刻】 中部国際空港着 解散
  
*諸事情により、フィリピン国内でのプログラムを変更する場合もあります。


主催 フィリピン情報センター・ナゴヤ
   名古屋学生青年センター
    〒466-0804 名古屋市昭和区宮東町260
    Tel(052)781-0165/Fax(052)781-4334
   日本聖公会中部教区社会宣教部海外協働プロジェクト

申込方法等、詳しくはこちら。
[PR]
# by ncpc-blog | 2010-06-15 17:55 | スタディーツアー